忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

心理カウンセラー(臨床心理士)”ARAIGOICHI”の徒然を、写真と日記で綴ります。『心理相談てんとう虫』からのお知らせもあります。*このブログで、相談やカウンセリングはできません。*トラックバックはお断りしております。*一応、英訳を入れますが、正しい英文かどうかは甚だ疑問です。<The tedium of Japanese psychology counselor (clinical psychologist)"ARAIGOICHI" is spelt in the photograph and the diary. There is information from 'Psychology consultation LADYBIRD', too. * In this blog, it is not possible to counsel it. * We will refuse the track back. >
カレンダー
03 2014/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
プロフィール
HN:
araigoichi
性別:
男性
職業:
心理カウンセラー
自己紹介:
心理カウンセラー(臨床心理士・森林セラピスト)として働いています。よろしくお願いします。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Twitter
つぶやいております。
本屋さん(amazon)
amazonで雑誌を購入!お気軽にご利用ください。
amazon
amazonでお買いもの。お気軽にご利用ください。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
ボランティア団体 Tsukuba for 3.11 さまからのお知らせです。
お問い合わせ、参加申し込みなどは、Tsukuba for 3.11さままで。
http://tsukubafor311.jimdo.com/

====================================
【イベント情報】

☆2013年だよ!全員集合!~つく×しま大芋煮会~☆
皆さん、「芋煮会」をご存知でしょうか?
芋煮会は東北地方の季節行事で、友達どうし親睦を深める行事のことです。
寒い寒いこの冬はお話ししながら東北のあったかい芋煮鍋をいただき、身も心も温まりましょう!
芋煮は一から作ります。
お鍋の他にもしめ縄作りや体を動かす遊びも用意しております♪
イベントの写真は昨年の芋煮会の様子となっています。
どなたでも参加でき、子供から大人、おじいちゃん、おばあちゃんまで楽しめるイベントとなっています!
途中参加可なのでお友達をお誘いの上、お気軽にお越しください。
◆日時:2013年2月3日(日)
    9:00~15:00
◆場所: 竹園交流センター   
◆参加費:200円
◆タイムテーブル
 9:00  受付
 9:20  説明
       ↓
 芋煮作り開始 しめ縄作り開始
 11:30 芋煮完成・食事開始
 13:00 (ホール)バレー大会 
 (会議室)お茶会
 14:00 (ホール)長縄遊び
 14:40 解散
筑波大学
============================================


楽しそうですね~。


PR


あけまして、おめでとうございます。
どうか、本年もよろしくお願いします。

心理相談てんとう虫
荒井吾一





〇年末年始休業日のお知らせ

本年は、大変お世話になりました。

12月27日~1月7日は、年末年始休業日とさせていただきます。

どうか今後ともよろしくお願いします。

心理相談てんとう虫
代表 荒井吾一





ジョンレノン 「ハッピークリスマス」

So this is Christmas
And what have you done
Another year over
A new one just begun
And so this is Christmas
I hope you have fun
The near and the dear ones
The old and the young

A merry merry Christmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

And so happyChristmas (War is Over, if you want it)repeat with verse
For weak and for strong
The rich and the poor ones
The road is so long
So happy Christmas
For black and for white
For yellow and red ones
Let's stop all the fight

A merry merry Christmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear

And so this is Christmas (War is over, if you want it) repeat with verse
And what have we done
Another year over
And a new one just begun
And so this is Christmas
We hope you have fun
The near and the dear ones
The old and the young

A merry merry Christmas
And a happy New Year
Let's hope it's a good one
Without any fear
War is over, if you want it
War is over now

Merry Christmas





昨日は、とても楽しいひと時を過ごさせていただきました。
楽しいだけでなく、もしかしたら、私は、癒されていたかも。

私がスクールカウンセラーでおじゃましている学校(福島県いわき市立川部中学校)の球技大会(ソフトボール)に、校長先生のご好意で参加させていただきました。

生徒さんの1年生から3年生のチームと先生チームがあり、先生チームのメンバーでの参加でした。

子どもたちから球技大会をやりたいとの要望があり、生徒会を中心に企画されたそうです。学校の教育課程は、年度当初の計画に基づいて行われるものであり、ことさら、最近は授業時数の確保などは、様々なところからうるさいくらい言われるのです。しかし、校長先生はじめ先生方の工夫と理解、やりくりで実現したものです。

当初、子どもたちからの要望があったとき、校長先生は、「やりたいだけでやれると思うな。」と断わったそうです。しかし、球技大会の日程などきちんとした企画をつくり、それを持って再度お願いに来たそうです。もちろん、当初より、やらせてやりたいと校長先生は思ったそうです。しかし、もう一度来るだろうという見立てと、そこは、学校という場です。このチャンスを教育につなげたんですね。生徒会の先生をはじめ、先生方の縁の下の助言や指導がもちろんあったわけですが、子どもたちの球技大会の開催までのさまざな準備は、すばらしいものだったと思います。

久しぶりに、子どもたちのたくさんの笑顔と健全な集団が育っているといううれしさに感動した次第です。

学校は、子どもたち一人一人を育てると同時に、集団を育てる場なんですね。集団、つまり、人と人のつながり(絆)なんだと思いました。
年度当初、険しい表情だった子たちも、すごく柔らかいいい表情でいるんです。本当に、みんながとても楽しそうでした。


ところで・・・・・、先生チームの結果ですが、1勝1敗でした。

ありがとうござしました。





カウンセリングにおいて、カウンセラーの重要なコミュニケーションスキルです。
弁護士さんにとって、六法全書が大切なツールであるとの同じで、コミュニケーションは、カウンセラーの重要なツールです。
教科書的に言えば、相手の感情をあたかも自分自身のものであるかのように感じるこということなのですが。

果たして、自分も含めて、実際に共感できるカウンセラーが何人いるのだろうと思うことがあります。
理屈でわかってもすぐできるものではありません。

カウンセリングを学ぶ時、よく共感は同情ではないという話をします。この辺は、理屈でなんとかなることもあるのですが、難しいのは巻き込まれずにという部分です。相手の感情をあたかも自分自身のものであるかのように感じるのですが、我を忘れてはいけないし、クライエントに巻き込まれてはいけません。

理屈だけでは駄目なんですね。

カウンセラーとして共感できない人は、アセスメント(見立て)もできないってことなんじゃないかなあ~。


他のカウンセラーと話をさせてもらうと勉強になります。ありがたいです。しかし、カウンセリングマニアとの話は、すごく疲れます。カウンセリングマニアとは、理屈はとてもよく知っているけれど、実際のカウンセラーとしてはどうなんだろうという人です。

もちろん、理屈をきちんと学ぶことは大切なことなのです。ただ、それで、すぐカウンセラーとしてやっていけるかというと無理だということです。


もちろん、みせかけの共感なんて論外なのですが。




Tsukuba for 3.11 さんからお知らせです。
(筑波大学の学生ボランティア団体)

月刊誌「つくしま」3号発刊!

http://tsukubafor311.jimdo.com/





Tsukuba for 3.11 さんからのお知らせをいただきました。

明日(23日)、スイートポテトと芋スタンプ作りをするそうです。
福島の方々との交流や旬なサツマイモをお楽しみください。
・09:00~11:30 並木交流センター
・14:00~16:30 松代交流センター

詳細、お問い合わせ、お申し込みは、Tsukuba for 3.11さんのhpをご覧ください。

http://tsukubafor311.jimdo.com/ 募集情報-new/想いをおいもに-つくしま交流会-new/
*事前の申し込みが必要です。申し込みの締め切りが11/17までとなっているようですが、本日中でも大丈夫だと思います。




 少し整理したいと思います。

 学校では、子どもたちのどんな力を育てているのでしょうか。
 「生きる力」を育成しているといいます。

 「生きる力」ってなんだろう。

 学校での評価を考えるとわかります。
 学校で評価されるのは「学力」です。

 つまり、「生きる力」=「学力」と考えていいのでしょう。

 では、「学力」とは何かを考えます。
 ここでいう「学力」が、主要5教科の点数ではないことは明らかです。
 学校での教育の中身は、主要5教科だけはありません。
 技能教科もあれば、特別活動や道徳、学級活動、学校行事などがあります。
 そのすべてて、「生きる力」が育まれています。

 「学力」という力をもっとわかりやすく2つの力に分けて考えることもできます。
 ひとつは”学んだ力”で、いわゆる点数で評価できる部分です。
 もうひとつは、”学ぶ力”で、点数では表すころの難しい力です。

 これでいいのかな・・・?(苦笑)



 さて、学校の先生は、この子どもたちの学んだ力だけでなく、学ぶ力を育み評価できる人たちです。
 学んだ力だけでなく、学ぶ力を育む教育の専門家なんだと思います。
 マニュアルがあって、誰でもすぐできるような仕事ではありませんし、先生の人となりと資質も大切なんですね~。

 スクールカウンセラーで、学校に行くとすばらしい先生と出会うことがあります。
 すばらしい先生の多い学校は、職員室の雰囲気がいいです。
 ということは、学校の雰囲気も。


 


今年の4月から福島県のSC(スクールカウンセラー)をしています。
いわき市立川部中学校のSCです。
川部中学校のhp→http://www.kawabe-j.fks.ed.jp/

川部中美術ゼミの生徒さんが相談室の私の似顔絵ポスターを描いてくれました。
たぶん、20歳くらい若く描いてくれました。(笑)
素敵なポスターとやさしさに感謝です。
 ↓